メキシコの小窓から

お世話になった人たちとの別れ

残り1週間、残り3日・・・だんだん任地を去る日が近づいてきて、
荷物整理や最終レポートで追われる毎日。
でも、何が一番大きな最後の仕事だったかというと、
2年間お世話になった人たちとのお別れでした。

職場の愛しい同僚たち、いつも見守ってくれた通勤途中にある肉屋の親父さん
乗り合いタクシーのおじちゃん達、メルカドのおばちゃん達、
近所でいつも気さくに声をかけてくれた人たち、
ギターを教えてくれたドン・ルペルとさん、
トゥティー、マリオ、ドン・ビクトルさん、エドガル。
そして、2年間一緒に暮らした家族、ママ、レティー
ナシャ、マリフェル。
そのほかにもいっぱい、いっぱいの顔が浮かんでくる。

いま、日本に戻っても、メキシコに大切な家族をおいてきた感覚で、
彼らへの愛しい思いは続いている。
知り合いの方が私に言った。
“あなたのこころ」がまだメキシコにあるのかもしれないね。。。”

そうか、そうだったんだ。
まだ私の心はメキシコにあって、そこから少しづつ、日本にいる私に戻ってきている
途中なのかもしれない。
でも、そんな気持ちを大切にしたい。
時間がかかるかもしれないが、ゆっくり、メキシコで過ごした時間と今、これから
の自分をつなげていかなければならない。

いまでもくしゃみをすると、一人で
「サルー、グラシアス」って言っている。
そう言いたいんだから、しょうがないな。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-12-14 21:59
<< Te extraño 実は無事に帰国しました。 >>