メキシコの小窓から

「死者の日」写真館

ちょっと遅くなりましたが、
11月1日、2日、メキシコの「死者の日」写真館。
日本でいう、お盆です。
日本のお盆のように、亡くなった方々を奉る日。
でも、日本のようにしんみりした感じではい。
お墓で踊りとごちそう、お祭りが始まった。
雅夫さんが連れて行ってくれた場所は、イダルゴ州ウエフトラの近くのお墓。
ここはまだまだ伝統的な習慣が根付いている村。
各お墓に花のアーチがかかり、周囲にはたくさんの人々が賑やかにお墓を囲んでいた。
d0020544_4151424.jpg
d0020544_416135.jpg

「ごめんなさいね~」といいながら、お墓を横切り、踏んづけながら、奥へ入っていく。
だって、みんなそうしているから大丈夫。
ここはまだまだ土葬で、こんもりしてるのは、下に何人かの亡くなった方の身体があるから。
ろうそくの煙と、死者に日に特別に炊く草の煙のすっぱい感じの臭が鼻をつく。
d0020544_4171840.jpg

死者の日は、「タマーレス」と呼ばれるチマキみたいなものを食べる。
朝から、晩まで、タマーレス、タマーレス。
トウモロコシの粉を水とラードでとき、真ん中にいろんな具、かぼちゃや鶏肉、豚肉など
様々な具が入り、最後にバナナの葉っぱで包んで蒸す料理です。
なかなかの味ですが、2つくらいでお腹いっぱいになりますね。
ジュース、ショコラテ、タマーレス、皆さんにごちそうしていただきました。
d0020544_41841.jpg
d0020544_4184055.jpg
d0020544_4191091.jpg

ここは、まだまだインディヘナの方々がその生活を楽しんでいるのが伝わってくる。
女性の伝統的な衣装、首周りに手刺繍が色とりどりで鮮やかだ。
言葉は「ナワット語」子どもたちも流暢にナワット語、話してた。
ちなみにナワット語で「ミネケ ミヤク」は「あなたのことが好き」

音楽と踊り。踊りは男の人だけしか踊らない。
お面をつけて、またはハンカチで顔を隠しながら。
何でか聞いたけど、「これが昔からの習慣だから」というお答えでした。

死者の日を祝い楽しむメキシコ人、
どんなこともフィエスタに変えてしまうメキシコ人、
私にとって、とっても大好きなメキシコの特色の一つだ。

オアハカのお母さん、オアハカの方は、死者の日、どんな感じでしたか?
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-11-11 04:20
<< 小学校で「世界で一つだけの花」 時差15時間 >>