メキシコの小窓から

ダンスパーティー

メキシコで身についたこと・・・サルサのステップ。
赴任当初から、Tutyに強制的に?習わされ、
最初は全然ステップ踏めなかったけど、
キンセアニョス(15歳の誕生日を盛大にお祝いする)や誕生日などで
少しづつ練習を重ね、
自分では気づかない間にも、
Poco a Poco(ポコ ァ ポコ=少しづつ)
上達していたのね。

今日のダンスパーティーでは、自分でも不思議なくらい
メキシコ人に負けないくらいの
ステップ踏めて、
心から、「楽しい!」って初めて思えたぜ。

最初の頃は、やっぱり、みんなが楽しそうに踊ってるのに、
自分だけじっと見てるのは、つまんなかった。
でも、踊れなかったから、恥ずかしくて、見てるしかなかったしね。
でも、今日は、すごく楽しかった。

いやいや、2年間の成果、出て、すごくうれしいぜよ~。
やっと実を結びました!

たかが文化交流、されと文化交流。
異国での生活を楽しむには、その国、村の文化と如何に交流し、
それを楽しむか、大事だと思う。
しかし、そうは言っても、なかなかすぐにはうまく馴染めない。
やっぱり時間が必要。

文化の「違い」は時に私を悩ませたが、
その「違い」があるからまたメキシコ生活楽しめた。
でも、すべてが全く「違う」わけではなく、
「重なり合う」部分ががあるから、お互い「分かり合うことが出来る」のだろう。

日本にはない、「ダンス、踊る」文化をもつメキシコ。
ブラボーだ。◎。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-30 01:15
<< 時差15時間 世界で一つだけの花~La un... >>