メキシコの小窓から

漁村の若者と

ナランホスから1時間の所にあるサラデロという漁村へいく。
そこの若者達と「花笠音頭」の練習のために。
そう、彼らと一緒に「やっしょう まかしょ しゃんしゃんしゃん」って叫びながら
1時間練習してきた。
11月に行う予定のエイズキャンペーンでのちょっとした人寄せのために、
メキシコ人と一緒に花笠音頭、踊ってる。

私に続いて、15人くらいの若者達が花笠(ダンボール製のもの、2年前山形を発つ時に市役所の観光課でいただいたもの、取っててよかった。)を振りながら踊っている姿は
なんともいえなく、奇妙で、でもおもしろい光景だった。
「わたし、なにやってるんだろう?」って途中思いながら、わたし踊りの先生になってた。
でも、これ、いい文化交流だよね。これでいいんだ。

さあ、来週の練習会に何人くるかな。こない可能性大かな。
あした筋肉痛だな、きっと。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-09 10:35
<< 青い、カリブの空と海で。 最後の研修会 >>