メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ニカラグア人

最近、日曜日に町のメルカドと呼ばれる市場で健康相談と診療所の啓蒙をしています。
今日もサロモンを一緒に、人が賑わうメルカドへ。
今日は血圧測定と、コンドームの普及をしてきました。
結構血圧高いおばちゃん達発見。
若者達には「コンドームだよ~、大事だよ~」っていいながら配りました。
ちょっとテレながら、「ありがとう」ってもらう人、まったく興味を示さない人、様々です。

一人のおじちゃん、私に向って
「あんた、ここの出身じゃないな」
「ちがうよ」って言ったら
「ニカラグアから来たのか」って聞かれました。
中国人とか、韓国人とかよく間違えられるけど、
どうしてこのおじちゃん私をニカワグア人だと思ったのかなあ。
かなりおかしい。というか面白い。

今日は少し風が出ていて、暑いけど、大丈夫。
[PR]

# by naranjosveracruz | 2006-04-10 07:49

ワカメ

わかめ

日本から送ってもらったワカメスープ。
うまかったーーー。
ワカメ、やっぱ必要だよねと実感。
毎日豚肉、鶏肉生活のメキシコ人にはきっとわかんないだろうなァ、
この美味しさ。
ほんと、残念。

ワカメスープを送ってくれたKちゃんに感謝しながら、もう一杯。
[PR]

# by naranjosveracruz | 2006-03-27 06:22

サロモンとコブラ

農村地帯を歩行中、ある牧場の中を横断。
ガサガサガサガサ・・・。
サロモン「  ビボラ、ビボラ~(コブラのこと)」
私       一目散に走って逃げた。

サロモンが言うには、かなり太くって緑色したコブラだったそう。
私は見そびれました。
サロモン、そのときのびっくりが原因で次の日まで頭痛が続いたそうで、
かわいそうに。
ああああ、こんなとこでコブラにやられてたまるいかい。
コブラ好きのあなたには、たまらない瞬間だったかもしれないけどね。
フフフ。
[PR]

# by naranjosveracruz | 2006-03-26 06:24

恵みの雨

今日は久々に雨が降ってる。
何ヶ月ぶりだろうか。街の中心を渡る川はもう干上がってました。
もっと降ってくれ。よろしく頼むよ。
このままだと、去年以上に水不足に悩まされそうだ。
雪深いところで育った私には水不足を体験したことがなかったから
結構、慣れるまできつかった。
バケツの貴重な水を、大切に使わせてもらいました。

最近は日中38度くらいまで上がります。
でも、今日は涼しいな。あー、一休み。
恵みの雨よ、ありがとう。
[PR]

# by naranjosveracruz | 2006-03-24 11:10

りんこん村。

りんこん村。

今日もニワトリたち元気に庭で走り回っています。
トウモロコシの収穫も順調です。
d0020544_7321744.jpg


トウモロコシの粉と水をまぜたのもを、
石でできたすり鉢みたいなのでこねます。
女の子もお母さんに習って、いい動きでトルティージャの準備。
d0020544_7331047.jpg


村の真ん中にある小学校へ。
子供達が今日は先生が突然こないとのことで
外でブラブラしてたので、みんなで折り紙しました。
d0020544_7334653.jpg

子供達のあの笑顔を見ていると、何が一番大切なのかなあと考えさせられます。
きょうだいも多くて、物もなくて、靴も履いてないけど、みんなほんとに元気でたくましい。

生まれて2ヶ月の赤ちゃん、ゆりかごにゆられ、子供達に囲まれて、
すくすく育ってました。
d0020544_7341538.jpg


ここは集中的に健康学習会に入らせてもらっている地域です。
だんだん人々と仲良くなれてきました。
子供達は、特に私のことが大好きらしく、みんなかわいい手紙をくれます。
ここは大体一家族に8人くらいの子どもがいます。女の子は中学を卒業すると
大体がお母さんの手伝いのために、高校へは行かず、家に残ります。
同じメキシコの中で、ここはほんとに昔話に出てきそうなくらい、何もない素朴でいい村ですよ。
もうだいぶねんきの入った歯ブラシを大事に大事に袋にしまって使っている男の子、、、
もう新しいのを買わないとね、、、とはやっぱり言えませんでした。
[PR]

# by naranjosveracruz | 2006-03-04 07:48

海を渡って

IDOLO島
d0020544_1119378.jpg


ナランホスから1時間くらいにある港町タミアウアから船に乗って約40分、イドロ島に到着。
MEXFAMのコーディネーター達と共に、今日はちょっと遠くの島まで診療所の宣伝と健康学習会の開催にここまで来た。
海の匂い、水しぶきもああああ気持ちいい。
プロモトーラ一家も同行してくれた。
もう少しで歩けるようになるホスエも一緒。
d0020544_11184083.jpg


ここは島全体で約100戸、建物といったら小さい小学校一つしか無く、病院も薬局もない。
でも大きな木がある。樹齢結構いってそう。
木下ではお母さん達が料理をしてた。なんか奇妙な光景。
d0020544_11193433.jpg


中学、高校には船でタミアウアまで通わなければならない。
仕事は島民のほとんどが漁業で生活を立てています。
実はここのご婦人達、サッカーチームを作ってるらしく、夕方になるとみんなサッカーを楽しむらしい。日曜日は各島のおばさん対抗サッカー大会。
見てみたい
d0020544_11195217.jpg
d0020544_11201829.jpg


小学校で、今日は性感染症と子宮頸がん検診の健康学習会。
約50名のご婦人の方々と小学6年生8名が集まってくれました。これって、参加率すごいよね。

終わった後は・・・プロモトーラさん宅でのお食事。これが楽しみで今日は来たようなものです。
「セビッチェ」という郷土料理をご馳走になった。
これは白身の魚を細かく切って、それと玉ねぎ、トマト、シラントロという香料の野菜、チリも細かくして、酢とレモン、塩、少しのマヨネーズで合えた料理。
これがうまいんだよね。絶対日本に帰ったら普及したい一品です。
こんな鳥も発見。
d0020544_11204143.jpg


帰りの船。夕日もキラキラ海に光ってました。
d0020544_11205832.jpg

[PR]

# by naranjosveracruz | 2006-02-26 11:26

気持ちいい疲労感。

今日は医師と看護師への最後の勉強会でした。
合計5回、参加者数はまちまちだったけど、まあ何とか終了できて一安心です。
今日は彼らと、「妊婦さんや家族が満足できるお産ができるために、何が出来るか」というテーマで話し合い、具体的な行動計画を立てました。
ひとつは、両親学級の開催。妊婦さんや家族に適切な情報を伝え、安心してお産を迎えることが出来ることが目標。
もうひとつは環境整備。分娩準備室と分娩室をもっと心地いい部屋にするという計画。
女性の好むような色や柄のベッドカバーに変えることや、ひとつベッドをどかして、もっと広くしたらいいのではないか・・・などなど。
勝負はこれからでしょうねぇ。。。
さあ、彼らと一緒にどこまでできるかな。
私の任期が終わるまで、この大きな課題を乗り越えられるか。。。。
すこしづつ、すこしづつ。彼らと共に、楽しみながら、とつぶやいて、
家に帰ってきました。
考えてみると、協力隊は何かを変えなければいけないという変な使命感にとらわれ過ぎているような気がします。私たちはボランティア。ボランティアは自分のため。彼らと意見交換をしながら、一緒に働くことでいいんだなと思うんですけど。どうでしょう。

あ~、おつかれさま~。今晩は、友人が貸してくれた日本のDVDをゆっくり見ながら、ぼーっと過ごしたいな。
[PR]

# by naranjosveracruz | 2006-02-18 08:42

元気

月曜日から、体調が悪かったんです。。。
熱が出て、食欲もない。
のどが少し痛かったから、風邪かなと思ったけど、
いつまでたっても熱が下がらない。で、血液検査してみたら、
サルモネラ菌か何かによる食中毒感染とのこと・・・でした。

薬飲んで、やっと今日は物が食べれるようになった。
レトルト味噌汁、ありがとう。
あああ、元気って素晴らしいですね。
[PR]

# by naranjosveracruz | 2006-02-11 07:18

鬼は逃げていったのか。

節分

「オニはー外、福は~家!」
診療所でいつもの子どもたちとピーナッツで豆まき。
スペイン語では「DIABRO A FUERA! ANGELITO A DENTRO!」って訳してみました。
看護師さんや掃除のおばちゃん達へ向けて、
患者さんにまで豆をぶつけた。でも、喜んでくれたから○。
鬼のお面を作ってもらってかぶって貰ったけど、、みんなかわいい鬼だったな~。

今日から季節がだんだん春に向っていくんだよねぇ・・・
夕方久しぶりに山形の母に電話したら、いま極寒の中だとの話し。
こっちは今も半そでなのにネェ・・・やっぱりここは遠いんだなァ。
ここの電話屋、安いんだよね。日本まで1分3.5ペソ。円だと35円くらいかな。
今日は5分話して17ペソ位でした。
公衆電話では2分くらいで50ペソだからねぇ、ここの電話屋さんホンとありがたいです。
[PR]

# by naranjosveracruz | 2006-02-05 05:28

自分を助けてくれるもの。

「女性と赤ちゃんを主体にしたケア」の研修。
今日は医療関係者以外のMEXFAMの職員たちと、2回目の研修日。
妊婦体験、妊婦体操、マッサージetc....
コーディネーターのネフタリも、かわいい妊婦さん。
どうですか?似合うでしょ?いや、ちょっと奇妙かな。。。
d0020544_5103248.jpg

階段を下りてみよう。買い物袋をもって。
「足元が見えなくて、危ないな~」
d0020544_511135.jpg

「靴下を脱ぐのも、つめを切るのも大変だ」 双子の赤ちゃんを育てるロベルト。
二人いたら,もっと大変だっただろうねぇ・・・。
d0020544_5113041.jpg


結構反応がよくて一安心。
この妊婦体験モデルを作ってくれたおじちゃんとおばちゃんに感謝。
写真を見せて、「これ作って欲しいんです」って言ったときはとても不安がってたけど、
色々改良を重ねてくれて、いいモデルができましたよ。
お腹には、、、、庭の土と布が入っています。
重さ10キロ、少し重過ぎるかもなァ、まあ調整可能ですから大丈夫。

みんなで、妊婦さんを迎える環境について考えた、2回の講習会。
さあ、少しずつ変わって行けるのかなァ。。。
最後のお別れのとき、こんなことをしてみました。
小さなカゴの周りを折り紙で作った花で埋めつくし、中を見えないようにする。
実はその中には小さな鏡が・・・。
「今回感じた気持ちを大事にして、少しでも自分がいい方向に変わって行ければいいよね。
 このかごの中には、あなたを助けてくれるたった一人の人が入っています。
 さて、それは誰かなァ」
みんなそおっと中を覗き込みます。「誰かなァ。。。」
折り紙の花を覗き込んで、そこに見えるのは・・・

準備大変だったけど、いい時間を過ごせました。
[PR]

# by naranjosveracruz | 2006-02-04 05:09