メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


カーニバル・ナランホス・2006

カーニバル・ナランホス・2006

私も参加しちゃいました!
「GRUP LUZ Y ALEGRIA 」「光と喜び」という70歳から80歳のお姉さん方のグループ。
16歳のLETYと旗を持ってサルサを踊りながら町の中へ。
派手な厚化粧は、家族の人にやってもらいました。
私のステップ、まんざらでもなかったですよ。でも、は~疲れました。
土曜日はかなりの人だかりで、びっくり。
かなり興奮しながら、メイン会場へ乗り込みました。
お姉さん達、途中で「もう疲れた」「お腹すいた」とかいいながらも
本番では見事なサルサのステップを披露。おめでとう。

d0020544_108780.jpg
d0020544_1095951.jpg
d0020544_1011563.jpg
d0020544_10121266.jpg
d0020544_1013035.jpg

パイナップル娘達。かなりかわいいです。

ナランホスでのひとつの思い出、GETです。
サルサ、いいよ~。
ナランホスの暑い夏が、本格的に始まります。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-04-28 10:15

ヘススの復活。

そして土曜日、ヘススは民衆を救うために
生き返ります。
その復活を祈るミサは2時間半もかけて行われました。
みんなろうそくを持ち、はじめに復活を祈る。
神父と民衆は教会の周りを祈りの歌いながら歩きます。

そして、ヘススは再び、蘇りました。
民衆は喜びの歌をうたい、旗を振ります。
「ハレルヤ ハレルヤ」
「ヘススの蘇りをみんなで祝おう」
民衆は大きな声で、抱き合い、喜びあいました。

私はカトリック教ではありませんが、
彼らの宗教に対する気持ちの大きさは
本当にすごいなと思いました。
彼らの生活のなかで、
カトリックはとても深く、大きな意味を持っていることを
体で感じた、セマナサンタです。

でも、2時間半、立ちっぱなしはきつかった。

今日も、大きな満月がきれいでした。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-04-16 03:47

その夜。

満月が見守る中、ヘススの母、マリアは悲しみに打たれ
ナランホスの外れの丘にある十字架のところまで歩きます。
その悲しみを一緒に分かち合おうをする住民も
マリアの後ろを、沈黙の中歩いていきました。
ろうそくを持って、ただ黙って。すごい人でした。

十字架までつくと、神父さんが唱えます。
ヘスス、私達に自由をください。
健康をください。救ってください。
もし、あなたがそうしてくれるなら、
私達は本当の意味での自由を手に入れることが出来ます。

ろうそくの炎があたたかく、きれいでした。
そして、その中で歌われた民衆の歌、やさしく聞こえました。

マリアは、悲しみに包まれて、泣いていました。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-04-15 03:41

満月女。 ビエルネス・サント

こっちでも今日は満月でした。

ビエルネス・サント。ヘススキリストさんが十字架にかけられて亡くなってしまいましたね。
各地で、そのときの状況を再現しています。ヘスス似の男性が、重い十字架を持って
町のはじっこから教会まで歩きます。むちで叩かれ、赤い血(もちろんインクですが)
が体中をうめてました。
その後ろを民衆がついて行き、教会につく。
ヘススは十字架にかけられて、亡くなってしまいました。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-04-14 03:35

セマナ サンタ

13日からセマナサンタでメキシコはバケーションモード。
私も明日から少し休みをもらいました。
久しぶりの長い休み、息抜きするぞ~!
まあ、近場やら遠出やらいろいろだけど、
現地の人たちと楽しむのが今回の休みの目的。
とにかく、楽しむ!
その為には何が必要か・・・。
冷えたビールは欠かせないかな。

では、行ってきます。CHAO!
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-04-12 07:04

ニカラグア人

最近、日曜日に町のメルカドと呼ばれる市場で健康相談と診療所の啓蒙をしています。
今日もサロモンを一緒に、人が賑わうメルカドへ。
今日は血圧測定と、コンドームの普及をしてきました。
結構血圧高いおばちゃん達発見。
若者達には「コンドームだよ~、大事だよ~」っていいながら配りました。
ちょっとテレながら、「ありがとう」ってもらう人、まったく興味を示さない人、様々です。

一人のおじちゃん、私に向って
「あんた、ここの出身じゃないな」
「ちがうよ」って言ったら
「ニカラグアから来たのか」って聞かれました。
中国人とか、韓国人とかよく間違えられるけど、
どうしてこのおじちゃん私をニカワグア人だと思ったのかなあ。
かなりおかしい。というか面白い。

今日は少し風が出ていて、暑いけど、大丈夫。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-04-10 07:49