メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧


陽だまり

今日は同じ隊員さんのカウンターパートのお家のホームパーティーに一緒に行かせてもらった。
ご夫婦と2歳になる男の子、彼は言葉をどんどん覚える時期なんだろうね、「ママ」「パパ」「パステル(ケーキ)」などなど。かわいい言葉でいっぱい話してくれた。
スペイン語で「SI」はハイの意味。でも小さい子は発音が出来ないから、「チー」になってしまうんだね。
どこの国の子もサ行の発音は、やっぱり難しいんだねd0020544_1064767.jpg
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-28 10:04

休日の午後

休日。d0020544_1011240.jpg
新しい隊員さんの歓迎会のため、久しぶりにシティーに上がった。
今日はブラブラと美術館めぐり。
サンアンヘル地区にある公園へ行ったら、緑の木々のなかにいろんな色が飛びかっていた。
アマチュアさんやプロの絵描きさんが自分の絵を売っている。
外で見る絵は、中で見るよりもなんだかとてもいきいきしているように見えるd0020544_1002262.jpg
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-27 09:56

ハナマル

今日はTepetzintlaという地域で、子供たちと体の成長についての健康学習会。
性徴期前のこどもの体、
d0020544_100663.jpg

性徴期で変化する女性の体、
d0020544_9585099.jpg

変化する男性の体。
d0020544_9594266.jpg


なかなか皆面白い絵で表現してくれましたね。ハナマルです。
今日は7歳から15歳まで20人の子どもたちが集まってくれました。
小学生の低学年でも結構いろんなことしっているなぁ~という感想を持ちます。
ある女の子は、男性生殖器の精巣の部分がムラサキ色なのを指差して「良く男の子たちがおちんちんを叩きあって、「痛~っ」って言ってる、だからムラサキ色なの?」質問してくれました。
「いい質問だね。遊びでも、大事な精巣を叩いたりしちゃダメだね。後からちゃんと働けなくなる。でも、実際はムラサキ色ではないんだよ、ただわかり易く色そめたんだ(笑)」
一緒に行ったコーディネーターのネフタリが説明してくれました。ハナマルな質問でした
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-10 09:52

少年

トラックの荷台にゆられて、目的地のMATADE OTATEという地域に向う。
途中、大きな市がたっていて、野菜や果物、衣類なんかがいっぱいになって並んでいた。今はちょうど夏休みの時期で、子供たちの働く姿が目立つ。
こっちは夏休みが2ヶ月くらいあり、特に宿題というものも無いらしい。だから小学生も中学生もみんな何かしら働きに出る。
ある子はお店の店番、ある子は草むしり、ある子はパンを売りに。大きな樽のような入れ物を頭にのせ、そこにパンが入っているのだけれど、
スタスタと歩く姿は、とても頼もしい。日本のように、高校や大学でバイトに初めて出る感覚とは違って、すごく小さいときから、彼らは社会の中で働き、親ではない大人にいろんなことを教わり、またお金を稼ぐということを学ぶのだろう。
体はまだまだ小さいけど、ほんとにたくましく見える。こっちの社会ではそれが当たり前、自分に出来る仕事をする、ということなんだろうな。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-09 09:48

ミンナ オナジ

今日はVicente Gerreroという村で、若者たちと性感染症についての勉強会。
ここの子達は、どこの村よりもシャイというか、なかなか反応が返ってこなかった。
わかっているのに、みんな自分の考えを持っているのに、
「私、いやだ」といって逃げていく。やはり女の子は特にそうだ。村の雰囲気全体が、女性は自由に自分の意見を述べられないような感じなのだろうか。育てられ方なのだろうか。
村に一つあるIMSSの女医さんにきいたら、ここはかなりマチスモが強い。いわゆる男性優位の社会が根強く残っていると話していた。
小さい時から「女の子だから・・・」「男だから・・・」って言われているのだろうか。

でも、最後のコンドームの正しいつけ方のところでは、やっぱり少しみんなうれしそうな顔してました。15歳~20くらいの若者、みんな笑顔がかわいいです。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-07 08:47 | 職場 MEXFAM

マルチャン

最近、性教育やコミュニケーション、男女平等に関する健康教育に回ることが多い。
今日は、RINCONという地域、ここは一年前にやっと電気がきたという、昔話に出てきそうな山に囲まれた村です。お昼に、この村に一軒あるお店やさんに行ったら「マルちゃん」という名のカップラーメンが売ってました。私たちはみんなでズルズルとマルちゃんを食べ、私はかばんに持っていた箸を使って。小さい4歳くらいの男の子が一人で店に来て来て「マルちゃんください」っておじさんに言うんだよね。なんだか面白いというか、ミスマッチ。
メキシコの村々を回るとミスマッチを感じることが多い。家の中が土でも、えだで組み立てられているような家でも、ちゃんとステレオが置いてあったり、ビデオがあったり。
彼らたちにとっては、それらの優先順位が高いんだろうね。

今日の健康教育はうまく住民を巻き込めてとてもいい時間だったと思う。丸一日の活動でした。
思春期の性、男女の体の違いと働き、エイズについて。各グループに分かれて「エイズって何だろう」「どうしたら移るのか」「みんなが間違えている移り方はどんなものか」
など話し合い、その後みんな丸くなって各グループごとに発表しあった。そこでは彼らが主役になる。
田舎の人々はシャイな人が多くて、なかなか人前で話したがらない。特に女の人はそうだ。でも、少しずつ、少しずつ、慣れてくればみんな話せるし、いろんないい考え方を持っている。最後にやったコンドームの正しいつけ方の、なんでかな、みんなうれしそうでした。

最近このような感じで、参加者を主役にしたやり方で取り組み始めたのがうれしい。
今までの講義形式よりも、かなり面白いとおもうんだけど、どうだろう。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-06 08:42 | 職場 MEXFAM

サムライ

最後の研修日。みんなでバナナを使ってコンドームの正しい使い方を練習。口でコンドームをはめるという技もみんなで試しました。性の商売をしている人がこうやってはめるのだそうです。「やはりちゃんとはめることは出来ないね」
d0020544_93070.jpg

音楽に合わせて、二人一組になって、紙やシーツを使って自分のイメージを作っていく。私はラウルというお腹の出ているおじさんドクターとペアに。彼には、これが似合うんじゃないかな・・・とおもって頭にチリをのせてみました。
d0020544_8584477.jpg

結構うけました。どう?
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-05 08:51 | 異文化

研修4

今日はエロチズムについて。
ムードのいい音楽に合わせて「ゆっくり体を動かしてくださ~い。目を閉じて~。
頭を触ります。次に首で~す。」こんな風に先生が言いながら私たちはエロチズムを感じさせられた。腕、胸、お腹、腰、お尻、足、大事なところ。。。順々に自分で体を触って、音楽に合わせてみんなくねくねしていた。
「腰をまわしてくださ~い」「陰部を前へ押しやってください」など等。しかもこれ1時間びっちりで足が疲れたよね。
薄目を開けてみんなを見ていたら、結構みんな大胆な動きで、エロチズムを表現していましたよね。びっくり。
私はちょっと負けてましたが、まいいです。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-04 01:21 | 異文化

研修 3

楽しむ権利、満足する権利、清潔に保たれる権利、休む権利、威厳を持つ権利
正しい名前で呼ばれる権利、使う権利、使わない権利・・・。

これは今日みんなで話し合った「膣の権利」「陰茎の権利」
その他にも「膣の同意語」「陰茎の同意語」「ホモセクシュアルの同意語と特徴」
について話し合った。膣、陰茎ともメキシコには各40近い同意語があった。
膣の同意語には「かえる」「ゴキブリ」「パパイヤ」陰茎の同意語には「小鳥」「バナナ」「チョリソ」「チリ」など等かなりの数にびっくり。実際に村の人々は使っているらしいですけど、ちょっとなぁという名前が多かった。形やイメージでつけられているんだろうけど、明らかに尊敬にかける名前が多すぎる。だから、性の話は何となく汚いもの、とかイメージがマイナスになってしまうのかな。みんなで、そんな風に話し合いました。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-03 01:19 | 異文化

研修 2

今日はすごいビデオをみた。メキシコのエロビデオ、おっとポルノグラフィーか。
30分位かな。街に行けば路上で売っててすぐ手に入れられます。
こんなビデオまで見せちゃうメキシコの行政の研修です。
口を空けて見ていたら、「マコ、大丈夫か」って言われました。
その後エロ本鑑賞会。
その後のみんなの意見交換では、
「会話のコミュニケーションがまったく無く、まさに性行為だけの場面だった。」
「人それぞれ、好きな性のスタイルがある。でも安全性は保たれなければいけない」
「好奇心の塊の思春期の若者がこういうビデオや雑誌をみて、これが当たり前だと思うのが怖い。」
「日本ではどう?」って質問されたから
「日本では、山の中に自動販売機があって、ジュースを買うように24時間買うことができます」って答えたらびっくりされました。実際そうでしょ。
今の日本はもっとすごいですか?
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-02 01:17 | 異文化