メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2005年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧


GALLINASで性教育

今日はGALLINASという地区に性教育に行ってきた。今回私たちを招いてくれたのはこの地区にあるIMSSという診療所の医師です。
IMSS(Instituto Mexico Segulo Social)は主に診療所や病院のない村々にある公的な診療所で、私たちが働いているほぼ全地域にこの診療所があります。
IMSSの医者と看護師は自分の管轄の4つか5つの地域を受け持ち、人々の健康管理や診療に携わります。なので、私たちが各地域に行って仕事をするときは、たいていIMSSの医師や看護師と一緒に健康教育をしたり、子宮がん健診をしているのです。
この地域を受け持つMEXFAMのコーディネーター・サロモンと私のカウンター・パートナーのシモンと私でGALLINASに向いました。到着すると会場にはたくさんの人々がいてびっくり。村の小学生、中学生、高校生、その先生たち、そしてその父兄たち約300人の人が集まっていました。
今日のテーマは「思春期の性」。いつものようにMEXFAMが作成したビデオを上映し、そのあとロタフォリオを使って、性って何だろう、男女の体の変化など話をしていきます。
最後に若者や父親、母親、先生たちと意見交換を少ししました。お母さんからは「子どもがどこに行くのか、誰と行くのか、把握しておく必要がある」「子どもが小さいときから一緒にシャワーを浴びるときなど体についてや男女の違いなど教えていく必要がある」などの意見があり、若者たちからは「性について学ぶことは私たちに取ってとても重要なことなので、今日はいい機会だった」というような意見がありました。
たくさんに人に話を聞いてもらえていい機会ではあったけど、小学生から高校生までの子どもたちが一緒に話を聞くのは少し無理があるような気がしました。小学生には少し難しい説明だったかもしれないな~。d0020544_923740.jpgd0020544_93446.jpg
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-05-11 08:59 | 職場 MEXFAM

メキシコの母の日

5月10日 MEXICO 母の日

日本より2日遅れて、メキシコでも10日が母の日でした。お祭り好きのメキシコでは、父の日はもちろん、先生の日、医者の日、看護婦の日など色々な日があるそうです。
母の日の今日は、学校はもちろん休み、休日なので、仕事も半日か休みの所が多くありました。
朝、診療所にいくと、「Felicidades」(おめでとう)といいながら子どもがいる看護師や同僚に抱き合いながらキスとします。
そして、街にはお母さんにプレゼントを買う人たちで賑わっていました。私も今住んでいるうちのお母さんに小さなプレゼントを買って、抱き合いキスと一緒に渡しました。
学校でもママを主役にいろんなイベントが行われ、高校でも行われているようでした。日本よりも盛大、ママが大事にされているような気がします。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-05-10 08:57 | メキシカン家族

AMATLANの高校で

夕方5時からAMATLANという地域にある高校で性教育を行ってきました。今回で2回目です。1回目は「性感染症」、今日のテーマは「男女の体の成長の違い」で、うちの診療所のDr.ALANと一緒です。
Dr.ALANは鈴木あぐりというレーサーにとても似ています。最初にMEXFAMが作ったビデオ(とてもいいアニメなんで、笑い声などはありますが基本的に言葉がなく、子どもたちの想像力で見てもらうようになっています)をみて、そのあと、模造紙の絵を使って説明していきます。
約70名の15歳~18歳の男女の生徒、とても笑顔がかわいい子ばかりだな~と思いました。1回目より緊張もほぐれ、投げかけにも反応良く返ってきました。質問も何点か、「1回目の性交渉では妊娠しないと聞いたことがあるけど本当?」「ピルはどんなふうに飲むの?」「生理痛について」

メキシコの避妊の状況は、一番利用されているの順だと*ピル、ピルは薬局で簡単に買うことができます。*注射(シクロフェンというホルモン剤)を月1~2回*コンドーム、薬局では1個3ペソ、約30円で買えます。*IUD*手術(卵管けっさつ)
IMSSやSentro de Saludと呼ばれる公的の診療所ではほとんどただピルやコンドームが配られています。今日、IMSSで働く看護師が話していた所によると「田舎のほうに行けば行くほど、何度説明しても家族計画に対する理解が得にくい、古くからの宗教的な考えや(カトリック教は基本的に避妊や中絶を認めません)文化が根付いている。また、避妊をしている女性の中でも、注射やピルを途中でやめてしまう人も多い」と話していました。
以前行った地域(各家庭子どもがほぼ5人以上、7~8人は当たり前の地域)では、「避妊をすると病気になる」「私は避妊をしたいけど、夫が協力してくれない」と話す女性もいました。
とにかく、望まない妊娠、若年での妊娠(メキシコでは13歳14歳で妊娠する例も少なくありません)、性感染症の予防のためにも、まずは若者にターゲットをおいて性を考える機会を作っていくことが、メキシコでも日本でも必要ですね。。。d0020544_8564777.jpg
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-05-09 08:53 | 職場 MEXFAM

異母兄弟?

エクアドルの卓球隊員、アドリンさんがワンダさんの任地に来ているとの事で、急遽私も会いに行ってきました。協力隊には任国外旅行という制度があり、任期中に休暇をとって隣国を旅行することができます。(色々な規則はありますが)
他の国の隊員と話せる機会はあまりないので、わくわくしながらバスで向いました。ワンダさんとアドリンさんは訓練所時代に同じ語学クラスで「KOZO先生」クラスで習った、兄弟のような間柄だとの事。KOZO先生は生徒たちにスペイン語圏らしい名前を考えさせ、授業中はその名前を使います。だから彼らは今でもアドリンやワンダという名前を使っているんですね。
私もそのあとの隊次で同じ「KOZO先生」クラスで「フローラ」という名前で呼ばれていました。ちょっと恥ずかしいけど。彼らがきょうだいなら、わたしはお父さんが同じでの異母きょうだいみたいだね、、、なんて笑いながら、日差しが差し込むべらんだでいろんな話をしました。
d0020544_9173582.jpg

ほっと一休みできた、いい休日でした。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-05-08 09:11

しぶい歌声

シブイ歌声・トゥティー
d0020544_8533539.jpg
メキシコはカトリックの国です。街にはいたるところに教会があり、基本的にはほぼ毎日ミサがあり、日曜日の朝は多くの人が集まります。
最初は、メキシコ人の習慣とカトリック教を知るために、日曜日の朝は私も近くの教会に通ってました。まだカトリック教のことは勉強不足ですが、
ミサで歌われる歌にすごく興味を惹かれました。歌の中心になっている人物が彼女、トゥーティー。彼女のシブい歌声とギターの演奏は聞いててとても気持ちがいいです。
いつしか、彼女の歌を聴きにミサに通うようになりました。今日はトゥティーの家に招かれて一緒に夕食。彼女の旦那さんとパドレ・エリックも加わり食後はみんなで歌を歌いました。彼らのギターの演奏にあわせて。
日本の歌を歌ってというリクエストに、テキーラを飲んでいい気になった私は、森山直太郎の「さくら」を熱唱。実は活動中この歌を口ずさむことも多いですね。d0020544_8524053.jpg
彼女の家には夕方になると近所の子が集まってきて、歌の練習をしたり、宿題を教えたり。とにかくパワフルでシブいおばさん、という感じで近くにいるだけですごいエネルギーを感じます
d0020544_8541155.jpg

[PR]

by naranjosveracruz | 2005-05-04 08:44

巡回歯科診療<うまくいかないね。。。編>

今日は、以前歯磨き教室と歯科検診をした「クチャーラ」という地区に訪問診療に出かけた。d0020544_751860.jpg小学校でも、婦人グループでもかなりの人が虫歯があったり歯肉炎の状態だったので今日はきっとたくさんの患者さんが来るだろうと思いながら、歯科医のエリックとコーディネーターのゴージョと一緒に出かけた。しかし・、実際に来た患者さんは・・・たったの5人。期待してきたのに、少ない患者さんの数にみんながっかり。お昼すぎに切り上げてナランホスに帰ってきました。
健診をして、自分の口の中の状態がどんなふうか伝えることで、適切な医療に結びつける事ができるかなぁと思ったけど、簡単にはいきませんでした。クチャーラは海辺の町で、魚売りを商売にしている人が多くいます。今はシーズンでは無いので、仕事が無く、受診するお金が無いことも、診療を受けに来ない理由だとゴージョが話していました。診療代はだいたい80ペソ~120ペソ(800円~1200円)。日本のように医療保険制度のないメキシコでは結構診療代が高い現状です。だから、メキシコの保健・医療制度は日本にはない、いろんなシステムがあります。今度それを紹介したいと思います。
今日はあまりうまくいきませんでした。でも、病院や歯科医、薬局もないこのような各地域には、病気の予防の知識の普及と共に、まずは適切な医療に結びつけることも大事な活動だと思います。でも、私たち民間病院は無料診療というわけにはいきません。お金が必要です。でも、地域に人々はかなり貧困層の人たちばかり。。。

同じ協力隊員で、今中国で働いている友人がくれたメッセージ
「あせらず、あわてず、でもあきらめず、いつも笑顔で!」
を今日もつぶやいて帰ってきました。お疲れさま~。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-05-02 07:28 | 職場 MEXFAM