メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 74 )


タンコチン村の中学校で

久々の雨降り。急に気温が下がるから、身体がついていくの、しんどい。
朝、まだ暗い頃にバスに乗り、それから船で川を渡り、
タンコチン村についたのは午前10時ころ。
風が冷たい。

今日は3回目の訪問で、「思春期の妊娠と避妊具」というテーマ。
子ども達、結構積極的に参加してくれた。
最後に、いつものコンドーム講習会。
今日はホウキの持つところを使って装着。OKです。
d0020544_11402985.jpg

はじめて手にするコンドーム、緊張!怖がる子が多い。
コンドームは僕らのアミーゴ!」って身近に感じてくれたらいいと思う。
最後にコンドームを膨らませてみたり、それにかわいい顔を描いてみたりしながら、
初めちょっと触るのに抵抗があったコンドーム、でも少し、慣れてきたかな。


帰りに、記念写真。子ども達、素直でかわいい。
d0020544_11413726.jpg


帰りはトラックの荷台へ乗って村を出た。
あ~、寒いよ~。
風邪ひきそう。ていうか、すでにのど痛い。
帰宅、夜8時でした。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-24 11:36

花笠練習

今日で3回目の練習。
これまでは普通の花笠音頭の練習をしてきて、みんな
結構覚えてきたから、
今日から尾花沢地方の花笠音頭に挑戦。
だんだん減ってきたメンバーだが、まだ6人は残っている。
アニモ!アニモ!(元気出していこうぜ!)
d0020544_11222890.jpg

d0020544_11205486.jpg


「ちょいちょい」のかけ声、うまくなりました。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-24 11:17

食べたい

今日急に納豆もちが食べたくなった。
納豆にねぎを入れて、大根おろし入れたら最高だ。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-14 08:00

メール

学生時代にお世話になった先生からのメール。
小学校からの幼馴染のアミーゴからのメール。
いつも元気付けてくれるアミーガたちからのメール。
「最近、寒くなったよ」って、母からのメール。

いつも、ありがとね。
「日本で待ってるよ」という言葉、ほんとにうれしい。

「より成長した私に会えるのが楽しみ」というメールをもらうけど、
ごめんなさい、きっと私は、2年前と何も変わらない私だと思う。
それでも、いいでしょ。

そのまんま、変わらないみんなに、私も早く会いたいよ。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-10 10:59

青い、カリブの空と海で。


d0020544_10502889.jpg

途中のバスで見た空。
d0020544_10505413.jpg

イスラ・ムヘーレスにいく船で見た海。
d0020544_10511663.jpg

海とわたし。
d0020544_10515565.jpg

初めてのシュノーケリング。熱帯魚達の群れ。
d0020544_1055295.jpg

メリダ、セレステュンのマングローブのなかへ。
d0020544_10522790.jpg

マングローブで生息しているフラミンゴたち。

あ~。ため息の出る青い空と海。
Mexico Lindo!
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-09 10:56

漁村の若者と

ナランホスから1時間の所にあるサラデロという漁村へいく。
そこの若者達と「花笠音頭」の練習のために。
そう、彼らと一緒に「やっしょう まかしょ しゃんしゃんしゃん」って叫びながら
1時間練習してきた。
11月に行う予定のエイズキャンペーンでのちょっとした人寄せのために、
メキシコ人と一緒に花笠音頭、踊ってる。

私に続いて、15人くらいの若者達が花笠(ダンボール製のもの、2年前山形を発つ時に市役所の観光課でいただいたもの、取っててよかった。)を振りながら踊っている姿は
なんともいえなく、奇妙で、でもおもしろい光景だった。
「わたし、なにやってるんだろう?」って途中思いながら、わたし踊りの先生になってた。
でも、これ、いい文化交流だよね。これでいいんだ。

さあ、来週の練習会に何人くるかな。こない可能性大かな。
あした筋肉痛だな、きっと。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-09 10:35

最後の研修会

本当にお世話になった、メックスファム健康推進員のおばちゃん達・・・・ほんとにありがとう。
言葉もたどたどしい私をいつも笑顔で、大きな愛で受け止めてくれた彼女達。
どんなことがあっても、いつも元気で、自分の道をしっかり歩いてる彼らたち。
ガタガタゆれるバスで、埃まみれになってやっと村に着いて、
おばちゃん達の顔をみると、すごくホッとさせられた。
そして、いつもおいしいご馳走を用意して待っててくれる。
タコス、タマレス、フリホーレス、チチャロン、
海沿いの村では海老、かに、カキ、そのうまさは忘れられない。

今日は私が最後に参加できた、彼女達との研修会
最後に、「ありがとう」という言葉と共に、
涙がでた。

こんな風に、少しづつ、任地を去る日まで
お世話になった人たちに「ありがとう」という気持ちを伝えていく。
あああああ寂しい。

おばちゃん達、ありがとう。
いつかまた絶対、会いにいくから。それまで元気でね、おばちゃん達。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-09 00:00

近況報告

ご無沙汰してました。お蔭様で元気にしております。
9月に入り、早いもので私の任期もあと2ヶ月半になりました。
最近は「マコはもうすぐ日本に帰っちゃうんだね」という言葉が
挨拶のようになってきてしまってます。
といっても、特になんの変わりもなく、毎日の活動継続中。
猛暑の中の、農村巡回。この暑さももう少しでお別れかとおもうと、
ちょっと名残惜しいような気もします。(でも、それは建前で、やっぱり涼しい方がうれしいけど)
毎日、中学、高校での性教育の実践。
毎日、コンドームの正しいつけ方講習会。結構プロ並みです。(これが私の自慢かな)
1テーマ2時間で、7テーマあるので、週1回の性の勉強会が続きます。
最近はこの勉強会を終了した高校生と一緒に劇(セクシュアリティーに関係あるテーマ)を練習しており、今月末の村の集会での発表を準備しております。

こんな感じで、少しづつ、彼らとの面白い性の学習会の実践と、
それを広める活動をとにかく任期狩猟の11月19日まで継続かな。
(18日はホームステー先の娘さんの結婚式なので、19日に勝手に決めている)

来月は山形にいる、高校時代からの親友2人がメキシコを訪問してくれることに!
いやいや、楽しみだよん。
最後はちょっと贅沢して、カリブの海でも見てこようと計画中。

皆さんは、元気ですか?
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-09-06 08:49

夏の総会と感謝の夜

今週はじめから、メキシコ協力隊員の夏の総会があって
メキシコシティーに滞在してました。
大都会のシティー、あ~涼しいシティーでの日々、幸せだったよ~。
で、今日の朝任地のナランホスへ無事に戻ったわけですが、
やっぱり暑い現実はまだ継続中でした。
現実に引き戻され、ちょっと今日一日リハビリ中。

さて、総会の最終日、大変お世話になったJOCV調整員さんの送別会でした。
任期を無事に終了し日本に帰国されることになったんですね。。。。

初めてメキシコに到着した日、不安な私達を笑顔で迎えてくれた調整員さん
初めて任地に行く車の中で、緊張している私に、私の好きな森山良子の「涙そうそう」
を聞かせてくれて、和ませてくれた調整員さん
任地に来てくれるときは、ほんとにいつも楽しみでした。
いつも、ご馳走していただいて、本当にありがとうございました。

送別会ではこれまでの私達と調整員さんの思い出の写真などが流された。
なんだか、涙が止まりませんでした。

異国での生活、私達隊員はいろんな不安やつまずきがある。
そんな時、家族のように心配していただいたり、いつも助けていただいたり。
そんな調整員さんとの出会いは、本当に宝物です。

私もあと残り3ヶ月。

日本に帰ったら、会いに行きますので、またおいしいビール飲みましょうね。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-08-19 08:31

今日のつぶやき

最近、診療所の近くにあるアルコール依存症会「AA」の人々たちとの勉強会があった。
日本でも「AA」あるし、「断酒会」もある。
、メキシコにはどこの街にも結構農村部にまでこの組織がある。
それだけアルコール関係の問題を
抱えている人が多いということ。
だって、ビールが一本7ペソ。約70円くらい。
安いから、どんどん買えるし、何でもOKのメキシコ、子どもでも平気で飲んじゃうんだよね。
どんなに山奥でも「コロナ」が売ってるから不思議。
ビールを積んだトラックに載せてもらって、村から帰ってくることもあるから
あんまりなこともいえないけど。

で、その会では日本の断酒会のようにそれぞれの経験談を話してくれるんだけど、
話してくれたほとんど全員が言っていたのは、
「子供の時、いつも、自分は一人ぼっちだと感じていた、家族といたがコミュニケーションがなかった。誰かに愛してもらいたかったし、仲間が欲しかった。そんな寂しい気持ちを埋める為に、仲間をつくるために、お酒を求めるしかなかった・・・」。

コミュニケーション、実はすごく大事ですね。
日本にいた時はそんなに改まって思うことなかったけど、
メキシコにいる今、すごくそれを感じてる。
人それぞれ、コミュニケーションの手段は少しづつ番うかもしれないけど、
自分の気持ちや、自分に必要なことを他の誰かに伝える為には
コミュニケーションをとるしかない。
とくに、相手を受入れ、褒めたたえる言葉は少し表現するのが恥ずかしい、すこし。
でも、言わないと、相手にうまく伝わらないんだろう。
家族の中でコミュニケーションがなかったら、子どもはやっぱり家族と一緒に住んでいても
「ひとり」を感じるだろう。そして、他の誰かにそれを求め始めるのかもしれない。
家族、友人、同僚、いつでも、どこでもコミュニケーションは付いて回る。
そして、コミュニケーションはいつも、「伝え、そして聞く」
その往復がなかったら、やっぱりコミュニケーションが成り立たないのかも知れない。

コミュニケーション、深いなァ~。
でも、やっぱり大事だし、練習も必要。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-08-07 04:58