メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 74 )


メキシコの村の小学生

メキシコ・リンコン村の小学生達です。
クラスは2クラスしかなくて、小学生1年生から3年生まで同じ教室、4年生から6年生までがもう一つの教室で勉強しています。この村は街から3時間くらいの所にあり、とても遠いので、先生も2人しかいないため、また、生徒も全校で50人くらいの小さな学校なので、2クラスしかないようです。
子どもたちはみんな元気です。
折り紙が大好きで、私が鶴やかえるの折り方を教えると、みんな喜んでいました。
メキシコの子どもたちは折り紙で遊んだことが無いようです。
d0020544_1202048.jpg


この小学校では、虫歯がとても多いので、私は、歯医者さんと一緒に、
子どもたちと虫歯予防教室を行いました。
生活が大変なので、虫歯になっても治療にいくことが出来ないことと、
歯ブラシを国から支給されても、使う習慣がないというのが問題のようです。
メキシコの子どもたちもあめやキャラメルなどの甘いお菓子が大好きなので、
歯みがきをしない子どもたちはみんな虫歯になってしまいます。

この日はお母さん達にも集まってもらい、一緒に青空の下で歯をみがきました。
水道が無いので、みんな家からボトルに水を持ってきてもらい、外でうがいをしました。
みんな「気持ちいいね~」と話していたので、今日をきっかけに、
家でも歯みがきを続けてくれればと思っています。
d0020544_121577.jpg
d0020544_122216.jpg

日本の子どもたちは、みんな歯みがき頑張ってるかな~?
最後に、記念写真!歯もきれいになって、子ども達の笑顔もいっそう輝いて見えました。
d0020544_1225024.jpg

[PR]

by naranjosveracruz | 2007-02-01 01:27

任地を去る日

任地を去る日が来た。来ないと思っていたが、ついに来た、この日。
荷物も何とかまとまり、これまでお世話になった部屋を掃除。
そして、近所の人たちに挨拶を済ませ、
最後に家族に挨拶。

着いたばかりのころは、今より言葉も通じなかったから、
かなりコミュニケーションを取るのが大変だった。
買い物に行けば、野菜の名前、台所や部屋にあるものの名前、
一つ一つ教えてもらった。発音も通じなかったしね。
習慣や考え方の違いに、お互いがぶつかり、ギクシャクした事もあった。
でも、2年間、家も変わることなく、この家で彼らと一緒に過ごせたのは、
時間がかかったけど、本当の家族のように、一緒に笑ったり、
泣いたり、怒られたりしたからなのだろう、と思う。
ママは、私が何かに迷っていたり、ちょっと危ない道に反れそうな時
いつも、的確なアドバイスをくれた。泣きながら、話込んだこともあった。
確かに、日本の本当の家のようには気楽にしては居られないが、
最後は、なんともいえない、彼らとの出会いの重みを感じることが出来たように思う。

シティーに行くバス停には、友人達、職場の人たちが見送りにきてくれた。
涙が止まらなかった。
一人ひとりの顔を、今、思い出す。
TutyMario,Maestra Cris,Elvila,Simon, Salomon,Elda, Manuel, Dr,Dna.Estela,Flor,Dna Gloria,Dna Chelito,y Edgar.
さよなら、Naranjos.
また、みんなに会いに来るね。

みんなどうしているかな。
Feliz Ano Nuevo. les mando mil besos y fuerte brazos
Deseo de todoel corazon que mucha suerte.
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-12-31 17:06

Te extraño

任地を去る少し前、私が少し寂しげな顔をしていると
「元気をだして」と友人が歌をうたってくれた。
Franca de vita という人が歌っている
月と出会いをテーマにした曲だった。
「月がきれいな夜、その月をみたら、
私や、ナランホスのみんなのことを
思い出してね。私達も、同じ瞬間に
君を思い、懐かしんでいるんだから。」
とても心に響く言葉を、その時もらった。

静かに歌ってくれたこの歌を、
日本に帰った今も時々思い出している。
そして、いつも月を探してしまう。
月を見つけると、いつも、
その時歌ってくれた時間に戻れる
気がするから。地球の裏側に居る大切な人たちの
ことを感じることが出来るから。

今日は残念ながら月(LUNA)を見つけられなかったな。
明日はきっと見えますように・・・。
Te extraño mucho....
Buenas noches.........
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-12-17 00:13

お世話になった人たちとの別れ

残り1週間、残り3日・・・だんだん任地を去る日が近づいてきて、
荷物整理や最終レポートで追われる毎日。
でも、何が一番大きな最後の仕事だったかというと、
2年間お世話になった人たちとのお別れでした。

職場の愛しい同僚たち、いつも見守ってくれた通勤途中にある肉屋の親父さん
乗り合いタクシーのおじちゃん達、メルカドのおばちゃん達、
近所でいつも気さくに声をかけてくれた人たち、
ギターを教えてくれたドン・ルペルとさん、
トゥティー、マリオ、ドン・ビクトルさん、エドガル。
そして、2年間一緒に暮らした家族、ママ、レティー
ナシャ、マリフェル。
そのほかにもいっぱい、いっぱいの顔が浮かんでくる。

いま、日本に戻っても、メキシコに大切な家族をおいてきた感覚で、
彼らへの愛しい思いは続いている。
知り合いの方が私に言った。
“あなたのこころ」がまだメキシコにあるのかもしれないね。。。”

そうか、そうだったんだ。
まだ私の心はメキシコにあって、そこから少しづつ、日本にいる私に戻ってきている
途中なのかもしれない。
でも、そんな気持ちを大切にしたい。
時間がかかるかもしれないが、ゆっくり、メキシコで過ごした時間と今、これから
の自分をつなげていかなければならない。

いまでもくしゃみをすると、一人で
「サルー、グラシアス」って言っている。
そう言いたいんだから、しょうがないな。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-12-14 21:59

実は無事に帰国しました。

お蔭様で12月2日、無事に成田に着きまして、
先日実家の山形までたどり着きました。
こちらは雪がちらついたりしてて、
底冷えする寒さを久しぶりに感じてます。

帰国までの記録を、少しづつまた書き足していきますので、
よろしくです。

あ~、さみ~よ~。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-12-12 02:01

小学校で「世界で一つだけの花」

TUTYのクラスの子どもたちと練習してた歌の発表の日、
リクエストに答え、浴衣で訪問させてもらいました。
学校に着くと、200人の全校生徒たちに盛大な歓迎され、
何だか有名人になったような気分。
d0020544_554474.jpg

「死者の日」の伝統舞踊を見せてくれた。
d0020544_561071.jpg

ベラクルス州の伝統衣装で伝統舞踊を見せてくれたファニータ先生。
d0020544_563740.jpg

メキシコの旗と、日本の旗。
こんなに歓迎してもらって、なんだか恐縮です・・・。
d0020544_565821.jpg

最後に、子どもたちと「世界で一つだけの花」発表。
最初は私が日本語で。続いて、子どもたちとスペイン語で。
かわいく歌ってくれました。
d0020544_573072.jpg

最後は、ファニータ先生と衣装を交換し、各クラス訪問。
d0020544_575088.jpg


メキシコと日本の文化交流。
慣れない事して、疲れたけど、いい思い出また一つ。
こんな風に、ナランホスとも、少しづつお別れです。
任地引き上げまで、ラスト、1週間になりました。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-11-11 05:07

「死者の日」写真館

ちょっと遅くなりましたが、
11月1日、2日、メキシコの「死者の日」写真館。
日本でいう、お盆です。
日本のお盆のように、亡くなった方々を奉る日。
でも、日本のようにしんみりした感じではい。
お墓で踊りとごちそう、お祭りが始まった。
雅夫さんが連れて行ってくれた場所は、イダルゴ州ウエフトラの近くのお墓。
ここはまだまだ伝統的な習慣が根付いている村。
各お墓に花のアーチがかかり、周囲にはたくさんの人々が賑やかにお墓を囲んでいた。
d0020544_4151424.jpg
d0020544_416135.jpg

「ごめんなさいね~」といいながら、お墓を横切り、踏んづけながら、奥へ入っていく。
だって、みんなそうしているから大丈夫。
ここはまだまだ土葬で、こんもりしてるのは、下に何人かの亡くなった方の身体があるから。
ろうそくの煙と、死者に日に特別に炊く草の煙のすっぱい感じの臭が鼻をつく。
d0020544_4171840.jpg

死者の日は、「タマーレス」と呼ばれるチマキみたいなものを食べる。
朝から、晩まで、タマーレス、タマーレス。
トウモロコシの粉を水とラードでとき、真ん中にいろんな具、かぼちゃや鶏肉、豚肉など
様々な具が入り、最後にバナナの葉っぱで包んで蒸す料理です。
なかなかの味ですが、2つくらいでお腹いっぱいになりますね。
ジュース、ショコラテ、タマーレス、皆さんにごちそうしていただきました。
d0020544_41841.jpg
d0020544_4184055.jpg
d0020544_4191091.jpg

ここは、まだまだインディヘナの方々がその生活を楽しんでいるのが伝わってくる。
女性の伝統的な衣装、首周りに手刺繍が色とりどりで鮮やかだ。
言葉は「ナワット語」子どもたちも流暢にナワット語、話してた。
ちなみにナワット語で「ミネケ ミヤク」は「あなたのことが好き」

音楽と踊り。踊りは男の人だけしか踊らない。
お面をつけて、またはハンカチで顔を隠しながら。
何でか聞いたけど、「これが昔からの習慣だから」というお答えでした。

死者の日を祝い楽しむメキシコ人、
どんなこともフィエスタに変えてしまうメキシコ人、
私にとって、とっても大好きなメキシコの特色の一つだ。

オアハカのお母さん、オアハカの方は、死者の日、どんな感じでしたか?
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-11-11 04:20

時差15時間

連絡です。
今日から冬時間になったので、
また日本との時差が15時間になりました。
やった、1時間多く寝れたぜ。

風邪、やっと良くなってきた。
でも、まだ鼻水継続。

では、よろしく。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-30 01:32

ダンスパーティー

メキシコで身についたこと・・・サルサのステップ。
赴任当初から、Tutyに強制的に?習わされ、
最初は全然ステップ踏めなかったけど、
キンセアニョス(15歳の誕生日を盛大にお祝いする)や誕生日などで
少しづつ練習を重ね、
自分では気づかない間にも、
Poco a Poco(ポコ ァ ポコ=少しづつ)
上達していたのね。

今日のダンスパーティーでは、自分でも不思議なくらい
メキシコ人に負けないくらいの
ステップ踏めて、
心から、「楽しい!」って初めて思えたぜ。

最初の頃は、やっぱり、みんなが楽しそうに踊ってるのに、
自分だけじっと見てるのは、つまんなかった。
でも、踊れなかったから、恥ずかしくて、見てるしかなかったしね。
でも、今日は、すごく楽しかった。

いやいや、2年間の成果、出て、すごくうれしいぜよ~。
やっと実を結びました!

たかが文化交流、されと文化交流。
異国での生活を楽しむには、その国、村の文化と如何に交流し、
それを楽しむか、大事だと思う。
しかし、そうは言っても、なかなかすぐにはうまく馴染めない。
やっぱり時間が必要。

文化の「違い」は時に私を悩ませたが、
その「違い」があるからまたメキシコ生活楽しめた。
でも、すべてが全く「違う」わけではなく、
「重なり合う」部分ががあるから、お互い「分かり合うことが出来る」のだろう。

日本にはない、「ダンス、踊る」文化をもつメキシコ。
ブラボーだ。◎。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-30 01:15

世界で一つだけの花~La unica Flor del Mundo~

いま、「世界で一つだけの花」を日本語とスペイン語で練習している。

この歌をスペイン語に訳したのは、
2年前の訓練所時代。同じスペイン語クラスの友人達が訳し、
それをTutyと私で少しアレンジした。
事あるごとに、この歌を二人で歌ってきた。
彼女はこの歌の持つメッセージをとても気に入ってくれた。

Tutyに「マコ、午後4時、待ってるから家にきて!」といつものように呼びだしがかかり、
とぼとぼと彼女の家へ。
そしたら、彼女の家には、彼女の生徒達、小学4年生がざっと15人。
突然スペイン語でバッチリこの歌えを歌ってくれた。
それはそれは、うれしい驚きと、感動と。
Tutyが私を驚かせようと、生徒達にこっそりと教えていたんだね...
まったくTutyにはいつも驚かされてばかり。

彼女にどんなにこの2年間、楽しませてもらっただろうか。
そして、どんなに元気をもらっただろうか。
踊りも、歌も、彼女がいつも教えてくれた。
どんなとこにもつれてってくれて、ほんとに、娘?妹?のように
かわいがってくれた。
どんな人にも平等で、計り知れない愛をくれる彼女、
「ここまでしなくても。。。」とこちらが心配するくらい、
人の面倒を見ている。弱いものの、気持ちを受け止めてくれる。
ほんとに不思議なパワーの持ち主。貴重な存在だ。

子ども達は一人ひとり造花の花をもって、それを歌にあわせて振りながら
精一杯歌ってくれた。メッセージが彼女達にも届くといい。
スペイン語版のこの歌は、こんな風に訳されている。
サビの部分だけ、ちょっと。

さあ、歌おう、僕たちは自由な世界で、自分の幸せをつかむことができる
自分の花を 自分の力で咲かせよう
心にはみんなそれぞれ 種を持っているんだ
ほら いま もう君の花が咲いている

小さい花 大きな花
世界に二つとして同じ花はない そう、君が一人しか居ないように
NO1にならなくてもいい
なぜなら 君はこの世界で一人しか居ない特別な存在だから


11月に彼女達の学校でこの歌を発表してくれることになっている。
それまで日本語でも覚えたいらしい。
さあ、楽しみだよん。

こんな風に、少し、日本の歌や文化のも興味を持つ子供たちが
増えてくれたらいいなと思うね。
そして、みんなそれぞれの花を、きれいに咲かせてもらいたいね。

メキシコでも、日本でも、
いつも、たのもしい友人達に助けられている。
いま、そう思えることが、
私にとって、一番ありがたいし、うれしいこと。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-26 11:26