メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

任地を去る日

任地を去る日が来た。来ないと思っていたが、ついに来た、この日。
荷物も何とかまとまり、これまでお世話になった部屋を掃除。
そして、近所の人たちに挨拶を済ませ、
最後に家族に挨拶。

着いたばかりのころは、今より言葉も通じなかったから、
かなりコミュニケーションを取るのが大変だった。
買い物に行けば、野菜の名前、台所や部屋にあるものの名前、
一つ一つ教えてもらった。発音も通じなかったしね。
習慣や考え方の違いに、お互いがぶつかり、ギクシャクした事もあった。
でも、2年間、家も変わることなく、この家で彼らと一緒に過ごせたのは、
時間がかかったけど、本当の家族のように、一緒に笑ったり、
泣いたり、怒られたりしたからなのだろう、と思う。
ママは、私が何かに迷っていたり、ちょっと危ない道に反れそうな時
いつも、的確なアドバイスをくれた。泣きながら、話込んだこともあった。
確かに、日本の本当の家のようには気楽にしては居られないが、
最後は、なんともいえない、彼らとの出会いの重みを感じることが出来たように思う。

シティーに行くバス停には、友人達、職場の人たちが見送りにきてくれた。
涙が止まらなかった。
一人ひとりの顔を、今、思い出す。
TutyMario,Maestra Cris,Elvila,Simon, Salomon,Elda, Manuel, Dr,Dna.Estela,Flor,Dna Gloria,Dna Chelito,y Edgar.
さよなら、Naranjos.
また、みんなに会いに来るね。

みんなどうしているかな。
Feliz Ano Nuevo. les mando mil besos y fuerte brazos
Deseo de todoel corazon que mucha suerte.
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-12-31 17:06
<< メキシコの村の小学生 Te extraño >>