メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

世界で一つだけの花~La unica Flor del Mundo~

いま、「世界で一つだけの花」を日本語とスペイン語で練習している。

この歌をスペイン語に訳したのは、
2年前の訓練所時代。同じスペイン語クラスの友人達が訳し、
それをTutyと私で少しアレンジした。
事あるごとに、この歌を二人で歌ってきた。
彼女はこの歌の持つメッセージをとても気に入ってくれた。

Tutyに「マコ、午後4時、待ってるから家にきて!」といつものように呼びだしがかかり、
とぼとぼと彼女の家へ。
そしたら、彼女の家には、彼女の生徒達、小学4年生がざっと15人。
突然スペイン語でバッチリこの歌えを歌ってくれた。
それはそれは、うれしい驚きと、感動と。
Tutyが私を驚かせようと、生徒達にこっそりと教えていたんだね...
まったくTutyにはいつも驚かされてばかり。

彼女にどんなにこの2年間、楽しませてもらっただろうか。
そして、どんなに元気をもらっただろうか。
踊りも、歌も、彼女がいつも教えてくれた。
どんなとこにもつれてってくれて、ほんとに、娘?妹?のように
かわいがってくれた。
どんな人にも平等で、計り知れない愛をくれる彼女、
「ここまでしなくても。。。」とこちらが心配するくらい、
人の面倒を見ている。弱いものの、気持ちを受け止めてくれる。
ほんとに不思議なパワーの持ち主。貴重な存在だ。

子ども達は一人ひとり造花の花をもって、それを歌にあわせて振りながら
精一杯歌ってくれた。メッセージが彼女達にも届くといい。
スペイン語版のこの歌は、こんな風に訳されている。
サビの部分だけ、ちょっと。

さあ、歌おう、僕たちは自由な世界で、自分の幸せをつかむことができる
自分の花を 自分の力で咲かせよう
心にはみんなそれぞれ 種を持っているんだ
ほら いま もう君の花が咲いている

小さい花 大きな花
世界に二つとして同じ花はない そう、君が一人しか居ないように
NO1にならなくてもいい
なぜなら 君はこの世界で一人しか居ない特別な存在だから


11月に彼女達の学校でこの歌を発表してくれることになっている。
それまで日本語でも覚えたいらしい。
さあ、楽しみだよん。

こんな風に、少し、日本の歌や文化のも興味を持つ子供たちが
増えてくれたらいいなと思うね。
そして、みんなそれぞれの花を、きれいに咲かせてもらいたいね。

メキシコでも、日本でも、
いつも、たのもしい友人達に助けられている。
いま、そう思えることが、
私にとって、一番ありがたいし、うれしいこと。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-10-26 11:26
<< ダンスパーティー タンコチン村の中学校で >>