メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

暑さの中で。

d0020544_9322646.jpg
これだけ暑いと、何もやる気が起きなくて、何でここにいるんだろう、と
ボーっと考えてしまいました。

何でここにいるのか。
協力隊になりたかったというよりは、
海外で異文化の中で異国の人と一緒に働いてみたかった、
というのがここにいる理由。国が違っても、言葉や文化が違っても、
何か人として基本的に大事なものはそんなに大きく変わらないんじゃないか?
そんなことを考え始めたのは、中学生の時だったかもしれない。
どうしたらそんな環境に自分をおくことが出来るか、、、いろんな方法を考え、その中の一つが協力隊参加だった。

ここまで来るのに、たくさんの時間がかかった。
いろんな人にも迷惑をかけたり、助けてもらったりしながら、私はここメキシコで生活しているんだろう。
自分のやりたいことが出来るということは、本当にラッキーな事だと思う。
みんながみんな出来るわけではないと思うから。
いま、自分の生まれ育った国を離れ、メキシコで過ごして1年半。
やっぱり、いっぱい違いもあるけど、大事なことは大きく変わらないなァ、と実感している。
その第一が人の気持ち。
やさしさ、つらさ、泣きたい気持ち、笑いたい気持ち、いろんな気持ち。
人にされて嫌なこと、かけられてうれしい言葉、好意。やっぱり同じですね。

そして、メキシコに来て気づいたことが一つ、私は子どもと関わる仕事が特に好きみたいだ。
健康教育で子供達と関わる時はかなりエネルギーを消耗するけど、、逆に元気をもらえる気がする。
何でだろうかと考えると、まあかわいいからという単純な理由もあるけど
それだけじゃない。何よりも彼らの明るい未来につながっていくことを感じることが出来るからだろう。
そんな仕事が出来ると思うと、うれしいです、正直。

ちょっとまじめにこんなことを考えながら、
すこし、モチベーション上がったかな。
はい、もう少しがんばります。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-05-10 09:32
<< ちょっと、旅へ。 42度の暑さ >>