メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

話し合い

最近、MEXFAMでは患者さんの数が減ってきているのが大きな問題になっています。
今日は看護師や事務、医師、清掃係などみんなで
「どうしたら患者さんが来てもらえる病院になるか」
というテーマで話し合いを持ちました。以前もこのような時間を持ったのですが、なかなか皆意見を言わなかったんだよね。
病院を仕切っているディレクトールだけが一人病院経営に一生懸命をいう印象を受けていました。だから、今日はみんなで意見を出してもらいたいなとおもって、ディレクトールにKJ法を使って話し合いを進めてみる事を提案して、この方法で話し合いを始めました。一人、3~5枚ずつ小さな紙を持ち、それぞれの意見を書いてもらいました。
すると「各家庭を訪問して病院のPRをすべきだ」「価格について再検討してみよう」「各地域の推進員の研修をして病院で出来る検査などを知ってもらったらどうか」など色々な意見を聞くことが出来ました。私の出来ることとしては、今後、あまり患者さんがいない時に看護師と一緒に家庭訪問をして健康相談と病院のPRをすること、また、そのときに病院の各部門や検査をわかりやすく説明するための写真集を作ること。今後、今日話し合ったことを、具体的にどう進めていけばいいか話を合いを重ねていく必要があります。

いつも、外国人である私がどこまで意見を述べたらいいか、介入したらいいか迷うことも多いです。でも、私もこの病院で働く一人として、まだまだ未熟なスペイン語ですが、自分の意見を伝えていくことも必要なことだと思っています。皆さん、どう思われますか?
悩んだり、喜んだり、忙しい毎日です。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-04-23 03:09 | 職場 MEXFAM
<< プエブラへの旅 JENTE JOVEN ~演劇... >>