メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

気持ちいい疲労感。

今日は医師と看護師への最後の勉強会でした。
合計5回、参加者数はまちまちだったけど、まあ何とか終了できて一安心です。
今日は彼らと、「妊婦さんや家族が満足できるお産ができるために、何が出来るか」というテーマで話し合い、具体的な行動計画を立てました。
ひとつは、両親学級の開催。妊婦さんや家族に適切な情報を伝え、安心してお産を迎えることが出来ることが目標。
もうひとつは環境整備。分娩準備室と分娩室をもっと心地いい部屋にするという計画。
女性の好むような色や柄のベッドカバーに変えることや、ひとつベッドをどかして、もっと広くしたらいいのではないか・・・などなど。
勝負はこれからでしょうねぇ。。。
さあ、彼らと一緒にどこまでできるかな。
私の任期が終わるまで、この大きな課題を乗り越えられるか。。。。
すこしづつ、すこしづつ。彼らと共に、楽しみながら、とつぶやいて、
家に帰ってきました。
考えてみると、協力隊は何かを変えなければいけないという変な使命感にとらわれ過ぎているような気がします。私たちはボランティア。ボランティアは自分のため。彼らと意見交換をしながら、一緒に働くことでいいんだなと思うんですけど。どうでしょう。

あ~、おつかれさま~。今晩は、友人が貸してくれた日本のDVDをゆっくり見ながら、ぼーっと過ごしたいな。
[PR]

by naranjosveracruz | 2006-02-18 08:42
<< 海を渡って 元気 >>