メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

少年

トラックの荷台にゆられて、目的地のMATADE OTATEという地域に向う。
途中、大きな市がたっていて、野菜や果物、衣類なんかがいっぱいになって並んでいた。今はちょうど夏休みの時期で、子供たちの働く姿が目立つ。
こっちは夏休みが2ヶ月くらいあり、特に宿題というものも無いらしい。だから小学生も中学生もみんな何かしら働きに出る。
ある子はお店の店番、ある子は草むしり、ある子はパンを売りに。大きな樽のような入れ物を頭にのせ、そこにパンが入っているのだけれど、
スタスタと歩く姿は、とても頼もしい。日本のように、高校や大学でバイトに初めて出る感覚とは違って、すごく小さいときから、彼らは社会の中で働き、親ではない大人にいろんなことを教わり、またお金を稼ぐということを学ぶのだろう。
体はまだまだ小さいけど、ほんとにたくましく見える。こっちの社会ではそれが当たり前、自分に出来る仕事をする、ということなんだろうな。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-08-09 09:48
<< ハナマル ミンナ オナジ >>