メキシコの小窓から


メキシコでの協力隊活動記録.
by naranjosveracruz
カテゴリ
全体
任地 ナランホス
職場 MEXFAM
メキシカン家族
日本の家族
おもしろいい人たち
JOCV
異文化
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

DENGUE

今日、訪問診療でコミュニティーを回ったら、デング熱の症状を示す患者さんがたくさん来た。
発熱、骨の痛み、目の奥の痛み・・・。こちらは雨季に入り、だいぶ蚊の繁殖も活発になってきているんだろう。ここには診療所もなく、看護師もいない。政府から訪問診療に医師が回ってくることもあるというが、薬を持たないこともおおいという。この地域はまだ電気も通っていない。今日は、昨日の雨で道は泥だらけ、やっとの思いでたどり着いた。
外には水溜りがいっぱい。ため池のような、水溜りの大きいようなものがたくさんあり、そこらで蚊が繁殖するのだろう。人々は、この暑さに短いパンツ、ランニングを着ているので、蚊には刺され放題。この暑さの中、長袖、長ズボンはきついんだろうな。
ん~、でも、患者が増えている以上、住民も何か予防しないとまずいよな。
貧困層の人々、お金がかかるような防虫対策は難しい。第一、この村には何も売っていない。
基本的なことの指導しかできないんだろうな。
[PR]

by naranjosveracruz | 2005-07-16 09:07 | 職場 MEXFAM
<< パンを焼く釜 ドッコ沼からの星 >>